Nomal から Special Daily Life へ ~毎日をより豊かに快適に~

日々の生活がワンランクアップするような、ちょっとしたお役立ち情報を載せています。

夢を叶えるアクションが夢が叶うの始まり

こんばんは。

サラです。

 

突然ですが

私は今勤めている会社を来月退社することになっています。

そのことを親しい仲間にしか話していなかったのですが、そういう話はどこからともなく伝わるようで、今日チームメンバーの一人に退職する事を尋ねられました。

「聞いた話しですが…何かあったんですか?」

そう尋ねられ私も退職する話の事だと直ぐに察し退職理由をお話しました。

 

私はお菓子をつくる事が本当に大好きなんです!

 

もう、お菓子作りを私からとったら何も無くなってしまうんじゃないか?!というくらい大好きで、パリで働いていたパティシエさんにも「サラさんは(お菓子作りの)オタク」と言われる程大好きなんです。

だから私は母親としてとか社会人としてとかそういう枠に囚われずサラとしての人生を生きようと思い、私の好きな事で私の人生を創り上げようと思い退職する事にしたのです。

 

休憩時間が終わる直前だったのでチームメンバーにはそのような事をサラっと話ました。メンバーも退職希望だったようですが環境が変わり今は様子見のようでした。

 

私が最初に退職の意志を伝えた相手はリーダーでした。

リーダーも以前はやりたい事があったとのことでしたが当時結婚を控えていたためその夢を諦めたそうで、ずっと忘れていたけれど私が夢を語っていて思い出したとのことでした。

 

リーダーはとても美人で髪もメイクもいつも綺麗にされてらっしゃる方で、以前は美容関係のお仕事だったそうです。

夢もエステシャンだったとのことでした。

とても気遣いもできて腰が低く聡明な方なのでとても信頼できる方でしたので、こんな方がエステのオーナーなら私なら通うな!と思いました。

 

皆やりたいこと持っているんだな~と思い、中学時代の出来事を思い出しました。

 

私が中学生の時に友人と一緒に家庭教師についてもらっていた時の話です。

その先生は普段サラリーマンをされていて、私たちが使用するテキストや問題集も月謝から支払っておられたようでした。

母が「月謝から出しておられたら先生の手元には残らないんじゃないですか?」と心配するとその先生は「家庭教師は趣味ですから」と笑っておっしゃられていました。

先生はとても包容力のある方で私は子供ながら友人と将来の夢を先生に話ていました。

 

受講最終日に先生が私たちに言われたました。

「私もお二人を見ていて夢ができました。」

「会社を辞めて家庭教師を仕事にします。」

「会社に退職届を出しました。」

と笑顔で言われたんです。

先生は妻も子もおられる一家の大黒柱!

私と友人は

「エエェェ(;゚Д゚)ええええええΣ(゚Д゚)」

「辞めるのを止めてくださ~い!!!」

心の中は『止めてぇ~責任とれませーん!!!』

 先生は引き留める私たちを見て笑っておられました。

 

今その先生は自宅で塾をされながら地域のボランティア活動もされ私の子供もお世話になっています。

今私が一家の大黒柱になってみて当時の先生のご決断がどれだけ勇気のいることだったか。ご家族の深いご理解も想像すると尊敬の気持ちで一杯になります。

 

やりたい事を仕事にせず、やりたいこと事とは関係無い事を仕事にされる方もおられます。

かくいう私もその一人でしたし、それが悪い事とも思いません。

皆それぞれ色んな事情があってお仕事をされていて、そのお仕事にも誇りや、やり甲斐を感じておられる方もいらっしゃいます。

私もシングルマザーになって、とにかく何でもいいから仕事をしなければ!そんな想いがり会社に求める条件も「子育てできる環境」ただそれだけでした。

 

私はこれからお菓子の仕事をしたいと考えています。

それで生活をしていけるのか不安でもあります。

けれどもやってみないで諦めるより、やってから次の歩む道を作っていく人間でありたいなと思っています。

 

皆さんの夢は何ですか?

叶うとか叶わないとか関係なく「こうだったらいいな~」とワクワク、ルンルンする話を誰かとしてみるのも良いかもしれませんね(^_-)-☆

 

 

今日は明日の朝ごはんにグラノーラを作りました!

と~っても簡単なのでまたご紹介させて頂きますね❣

f:id:saradsara:20190822220958j:plain

グラノーラ


 

グラノーラはその後に発明されるコーンフレークなどのより食べやすいシリアル食品に取って代わられ、1960年頃までは健康食品の一つとして細々と販売されていた。1960年代の自然食および健康食品ブームの折りにグラノーラの人気が再燃し、ドライフルーツやナッツを加えて変化をつけ、甘味料を加えて食べやすくし今のような形になった。

引用元:Wikipedia

 

グラノーラはコーンフレークよりも先にできていたんですね!

私の子供の頃はコーンフレークが主流でグラノーラは最近だと思っていました!

自分で作ると味の幅が広がるので楽しいですね♪

 

今日は長くなってしまいました;

お付き合いありがとうございます!

では、今日もお疲れ様です☆彡